附下

肩山・袖山を頂点として前身頃・後身頃の両面で、模様が上向きになるよう配置した着物地。
附下は白生地にそれぞれの寸法を墨打ちして、絵羽にせずに反物のまま染めます。裾の柄は繋がっていますが、絵羽のような模様に大胆さは表現しづらい反面、反物のまま加工することによりコストダウンが出来ます。
柄行きにより、訪問着と同格になるものから、おしゃれ着になるものもあります。